無題@うっへりお買い物

無題@お買い物

1,500円以上で送料無料
※ 一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
洋書 ミュージック DVD ソフトウェア ゲーム
エレクトロニクス ホーム&キッチン おもちゃ&ホビー ヘルス&ビューティー スポーツ 時計

特集
littlewitch
UMPC
アゾンインターナショナル
ダイエット
伊藤明弘
玄鉄絢
高橋慶太郎
相田裕
氷川へきる
冲方丁
PLAYSTATION3
Wii
Xbox360
ニンテンドーDS


 

冲方丁

蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT スペシャル版 [DVD]

[ DVD ]
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT スペシャル版 [DVD]

・宮野真守 ・甲斐田裕子 ・木村亜希子 ・喜安浩平 ・石井真
【キングレコード】
発売日: 2006-04-05

参考価格: 9,975 円(税込)
販売価格: 在庫切れ
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT スペシャル版 [DVD]
宮野真守
甲斐田裕子
木村亜希子
喜安浩平
石井真
羽原信義
宮野真守
甲斐田裕子
木村亜希子
喜安浩平
石井真
XEBEC
冲方丁
カスタマー平均評価:  5
 “あなたは、そこにいますか…”この言葉からファフナーに乗る少年・少女達の長く、苦難な道のりが始まったが、その1年前に起こった物語を描いています。本編を見た人は分かると思いますが、この作品は生きる事・平和である事の大切さを強く描かれています。
 本編の作戦名「L計画」に参加する数名の少年・少女と数人の大人達は生還確率が少ない中で4機のティターンモデルに乗機し、フェストゥムと戦っていくが、乗り重ねていく事で起こる同化現象に恐怖する少年・少女の心情が強く描かれている。さらに本編では一騎が総士の左目に傷をつけてしまった事が語られていたがこの話では一騎と総士の関係、そしてジークフリード・システムに選ばれた真の理由が描かれている。挿入歌はangelaの3rdアルバムに収録されている「果て無きモノローグ」は今でも心に響く曲であるがEDの「Peace of mind」でこのような歌詞が書かれている。
 悲しみの夜も、喜びの朝も、あたしを見守ってくれた。ただ一言「ありがとう」伝えられないままで。素直になるのが、少し怖かった、今あなたの腕の中。心がほどけてゆく、温かい安らぎに抱かれて
この歌詞は遼と祐未の切実な思いをこの歌詞にのせて伝えたかったのかもしれません。結晶として美しく消えてしまった祐未を遼はマリンスノーの中で静かに叫んだシーンは大切な人を無くしてしまった悲しさを感じさせます。一生懸命戦ってその先にある希望に向けて成し遂げる者、その意志を継承する為に生きて残った者の想いは本編に多く綴られています。本編を見た後は、ぜひこの作品を見る事をオススメします。 心の奥に響く想い
この作品の凄い所は、やはり作品そのものの批判意見が無いところだろうか? 作画、脚本、演出、音楽…どれを取っても非の打ち所が無い。 私はこの作品が2005年最高アニメを冠するに相応しい作品であることを信じて疑わない。 願わくば、映像を大幅に追加した劇場版が製作されてほしいものだ… やはり…
時間は短いですがしっかりした内容でとても感動しました。主人公(メイン2)の性格も凄くいいです!偽善ぶったり、我儘だったりと人間味を下手にださずに程よい程度に喜怒哀楽の感情を出すのは見ていてよかったと思います。最近のアニメキャラは感情の一部だけの表現が強いので受け入れにくかったりしますから。挿入歌の「果てなきモノローグ」はこの作品にピッタリで思わず泣いてしまいました。歌詞や曲調がマッチして印象的です。“死ぬ”を“居なくなる”という表現で表しているのも印象的で綺麗な結晶になって消えてしまうシーンは美しくも悲くて涙なしでは見られない感動的な作品です。お薦めですよ(*^_^*) 泣けます
ストーリーは皆さんの書いている通り「蒼穹のファフナー」の前の話です。一騎はまだ平和に暮らしている中、総士や遼はフェストゥムとの戦いを始める。
遼は生まれつきの病を持ち死がそう遠くないことを知りつつファフナーに乗り、祐未は父の死をきっかけにファフナーに乗ることを決意。
好きなのに最後までその事を口にしない二人の愛や優しさは見ていて、すごく爽やかです。
「蒼穹のファフナー」よりも内容は悲しくて切なくて胸が締め付けられます。が、見終わった後に悲しい気持ちばかりが残るわけではなく、優しく柔らかな気持ちになります。

そして何より生きることの辛さを強く感じました。
今の平和は誰かが作ってくれた平和を生きているということがとても強く感じる作品でした。 悲しくて切ないはずなのに・・・
蒼穹のファフナーの前日談としての位置付けにある作品です。
その為、本編の保管的な部分も幾つかあります。
しかし内容は完全新作で一話完結的なものなので前作を知らない方でも充分楽しめると思います。

主役である僚と祐未の二人を軸に登場人物の心情を深く丁寧に表現しています。
一時間という時間内に綺麗に纏まった仕上がりになっています。
誰かが生き延びる為に誰かが犠牲になった…最終的に結末は悲劇。
精一杯に生きた彼等の姿には感動を覚えました。
また、映像や音楽の素晴らしさもこの作品の魅力と言えます。

残念なのは未公開シーンに音声が無い事ですね…。
そしてスペシャル版ですので少々値段も…。
しかし、そういう部分を差し引いても自信を持って星5つの評価を出来る素晴らしい作品です。 名作だと思います。

ヒロイック・エイジ XI [DVD]

[ DVD ]
ヒロイック・エイジ XI [DVD]

・久我嘉輝 ・千葉進歩 ・佐藤直紀 ・新井里美 ・藤田圭宣
【キングレコード】
発売日: 2008-04-09

参考価格: 4,935 円(税込)
販売価格: 4,935 円(税込)
ヒロイック・エイジ XI [DVD]
久我嘉輝
千葉進歩
佐藤直紀
新井里美
藤田圭宣
久我嘉輝
千葉進歩
佐藤直紀
新井里美
藤田圭宣
矢崎広
清水香里
近藤隆
釘宮理恵
冲方丁
田村ゆかり
カスタマー平均評価:  3
銀の種族の動向、ノドス達の選ぶ道。目が離せません。 いよいよクライマックス
これもか、発売日が決まっているのに何故注文できない。  auti

ヒロイック・エイジXIII [DVD]

[ DVD ]
ヒロイック・エイジXIII [DVD]

・矢崎広 ・石川由依 ・近藤隆 ・清水香里 ・松山タカシ
【キングレコード】
発売日: 2008-06-04

参考価格: 4,935 円(税込)
販売価格: 4,935 円(税込)
ヒロイック・エイジXIII [DVD]
矢崎広
石川由依
近藤隆
清水香里
松山タカシ
鈴木利正
矢崎広
石川由依
近藤隆
清水香里
松山タカシ
冲方丁
XEBEC
カスタマー平均評価:   0

蒼穹のファフナー Arcadian project 04 [VHS]

[ VHS ]
蒼穹のファフナー Arcadian project 04 [VHS]

・本間潤樹 ・中野剛 ・冲方丁
【クロックワークス】
発売日: 2005-03-25

参考価格: オープン価格
販売価格: 在庫切れ
蒼穹のファフナー Arcadian project 04 [VHS]
本間潤樹
中野剛
冲方丁
羽原信義
三間雅文
本間潤樹
中野剛
冲方丁
石井真
松本まりか
喜安浩平
田中正彦
仲西環
松来未祐
入野自由
新井里美
白石稔
斎賀みつき
沢海陽子
篠原恵美
ゆかな
葛城七穂
石川静
高瀬右光
カスタマー平均評価:   0

蒼穹のファフナー Arcadian project 06 [VHS]

[ VHS ]
蒼穹のファフナー Arcadian project 06 [VHS]

・本間潤樹 ・中野剛 ・冲方丁
【クロックワークス】
発売日: 2005-05-27

参考価格: オープン価格
販売価格: 在庫切れ
蒼穹のファフナー Arcadian project 06 [VHS]
本間潤樹
中野剛
冲方丁
羽原信義
三間雅文
本間潤樹
中野剛
冲方丁
石井真
松本まりか
喜安浩平
田中正彦
仲西環
松来未祐
入野自由
新井里美
白石稔
斎賀みつき
沢海陽子
篠原恵美
ゆかな
葛城七穂
石川静
高瀬右光
カスタマー平均評価:   0

蒼穹のファフナー Arcadian project 01 [VHS]

[ VHS ]
蒼穹のファフナー Arcadian project 01 [VHS]

・本間潤樹 ・中野剛 ・冲方丁
【クロックワークス】
発売日: 2004-12-24

参考価格: オープン価格
販売価格: 在庫切れ
蒼穹のファフナー Arcadian project 01 [VHS]
本間潤樹
中野剛
冲方丁
羽原信義
三間雅文
本間潤樹
中野剛
冲方丁
石井真
松本まりか
喜安浩平
田中正彦
仲西環
松来未祐
入野自由
新井里美
白石稔
斎賀みつき
沢海陽子
篠原恵美
ゆかな
葛城七穂
石川静
高瀬右光
カスタマー平均評価:   0

シュヴァリエ Vol.1 [DVD]

[ DVD ]
シュヴァリエ Vol.1 [DVD]

・泰勇気 ・水野理紗 ・成田剣 ・松元恵 ・佐藤晴男
【メディアファクトリー】
発売日: 2006-11-24

参考価格: 5,775 円(税込)
販売価格: 3,465 円(税込)
シュヴァリエ Vol.1 [DVD]
泰勇気
水野理紗
成田剣
松元恵
佐藤晴男
古橋一浩
泰勇気
水野理紗
成田剣
松元恵
佐藤晴男
涼風真世
冲方丁
プロダクションI.G
カスタマー平均評価:  4.5
これは力一杯、自信を持ってお勧めできる作品です。原作者による複雑なストーリー、キャラクター。それを完璧に表現するproduction I.Gの力。ストーリーの格調高さ、絵のクオリティ。どの面から見ても妥協を一切していないのがわかる。時は十八世紀フランス、ルイ十五世による栄光の時代。主人公デオン・ド・ボーモンの姉リアが、死体になって発見される。デオンは姉を殺した犯人を追いかけ、一つの殺人事件はやがて想像もつかなかった真実を暴くことになる……。聖書の《詩篇》、《アナグラム》、そして《革命教団》と、宗教的な面を多様に表現しつつ、実在した歴史上の人物が織りなす群像劇、陰謀劇、覇権争い。『大人のためのエンターテイメント』として是非観ていただきたい作品。幾多のことを経験しながらも、主人公デオンの願いはたったひとつ。姉を殺した犯人を見つけ、嘆き彷徨い続けるその魂に冥福をもたらすこと。なぜ、私の姉は殺されなければならなかったのか─────?真実を掴もうと足掻き、翻弄され、かくて禁断の歴史が解き明かされる。 ★5つなんかじゃ足りない
久々に大人もひきつけられるアニメに出会ったという感じです、最近のアニメというと「萌え」を意識したキャラや作画が多いのですが、この「シュヴァリエ」は妥協が無くとても作り込まれた作品です。
なんといっても拘った絵作りが印象的です、デジタルを違和感少なく取り入れてる感じで
「安っぽさ」が無く非常に描きこまれた、そして滑らかな映像です。
キャラクターも魅力的で、なんというか「甘え」のようなものが無く見ごたえあります。
台詞回しも思わずうなってしまうセンスです、こういう作品を待ってました!

この作品をあえて一言で表すなら『美』ではないでしょうか。 ハイセンスなアニメ出たーー!
 なんと言えば良いのでしょうか?
 作画が絵画レベルなんですよ。
 エンディングなんぞ、思いっきり油絵調の絵画なんです。
 そして、この作品が最も恐ろしいポイントは、それに全く違和感が無い。
 一般的なアニメ作品の作画で「違和感」を感じる事があるとすれば、そのパートがその他に比べ、
極端に優るか極端に劣るか、そのどちらかなんですよ。
 そんな油絵絵画がいきなりに画面上に現れても全く違和感がない。
 分かりやすく言い換えますと、本編からずっとそのクォリティを維持しているという事なんです。
 このありえないまでの作画レベルの高さが私が推させて貰いたいポイントのトップ。
 そして、実在の騎士デオンの生涯を真実と虚構を交えて描いた冲方丁のストーリー構成の高さ。
 デオンの人生を描いた書籍って割合に多いんですよ。この作品その物のネタバレになるので、
書きませんけど「そういう人生」だったから仕方ない。
 しかしながら、そのデオンそのものを内面から描いた作品って見た事無いんですよ。
 「そういう人生」に対して世界で一番、許容性がある国って日本らしい。
 今日現在でも法律で「そういう人生」を禁止してる国は多数あります。
 フランスを舞台にしたフランス人の物語ですが、ある意味「日本らしい」なんじゃないでしょう
かと思っております。 映像美がすごすぎるんですよ。
原作の方がSF作家なので、中世ヨーロッパの話ではありますが、
屍を動かすといったオカルト的な要素も話に入ってきます。
それに抵抗が無ければ、楽しめる作品だと思います。

話も謎が連鎖していくサスペンス調で面白く、建物等の絵がとても綺麗です。
歴史上の実在の人物も多く出てくるので、歴史好きならそれと建物の絵だけでも
結構楽しめると思います。
キャラクターのデザインは、攻殻機動隊とかに近い感じで個人的には話にも
合っていると思いました。 SFに抵抗が無いのなら
プロダクションIGは、神山監督版、攻殻機動隊以外は駄作だと証明してるような作品本当に蒼穹のファフナーと同じ原作者かと疑いました。これを見るならフェイトステイナイトを見るのがアニメファンとしても、物語等のストーリーを考えても正しい選択だと思います。最近のIG作品は単純に楽しめる作品が激減してる。IGとガイナックス、ボンズはどんどんアニメファン離れを促す作品を連発して破滅への道を歩みつつあると思います。真のアニメファンはフェイトや灼眼のシャナやうたわれるもの等にお金を使った方が賢明。 Fateうたわれるものと比べる

冲方丁のライトノベルの書き方講座 (宝島社文庫)

[ 文庫 ]
冲方丁のライトノベルの書き方講座 (宝島社文庫)

・冲方丁
【宝島社】
発売日: 2008-05-12

参考価格: 480 円(税込)
販売価格: 480 円(税込)
冲方丁のライトノベルの書き方講座 (宝島社文庫)
冲方丁
カスタマー平均評価:  4
「ライトノベルの書き方」そんな本は他にもありますが、”あの作品はどうやって書かれたんだろう?”そんな視点から書かれた指南書は、そう多くはないと思います。
この本の著者、冲方丁さんは「マルドゥック・スクランブル」「カオス レギオン」「蒼穹のファフナー」などの作品を書いた、ライトノベル界でも実力で名を馳せる1人。
これらの作品の構想や設定が掲載されており、舞台裏の苦労に学べます。
ハウツーだけに留まらない生の声を聴ける、という意味で一度は読んでおきたい本です。

…ついでに「締め切り追われてます」オーラがどこからとも無く漂ってきており、これも生の声ということで良いんじゃないでしょうか(笑) 有名ラノベ作家の生の声。
先んじてレビューをされた方々が仰られている通り、基本的に書く事に対する興味を抱いてもらおうという意図で作られていると思う作品です。
ですので、何も小説を書いたことがない方の為の作品です。その為、地の文が軽快かつテンポ良く進むため、読み物としても面白く完成されています。
ですが、この作品内にて一番自分がここが参考になった、ここが面白かったと思うのは筆者がプロットを作る過程です。
プロットを作る時に実際に作者が体験したと思われる苦悩、何を意図してその作品のその場面を書いたのかが自分が今まで見てきたいわゆる小説の書き方を解説した作品と比べると詳細にその時の作者の感情や考えを踏まえて書かれています。
作者がどの場面にてどのキャラクターの感情表現を行うのか意識し、編集の方はどの場面や作品全体の対象年齢などを意識したのかが軽いエピソードと共に書かれている為、実際に小説を書いている方でプロットや演出をしっかりと作りこむタイプの作り手には参考になると思います。
文章力、或いはキャラクターの作り方などでは別の作品をお勧めしますが、実際に作品を出版されている作者のプロットを当時の作者が持つ考えや感情と共に読むことが出来るという得がたい経験を得ることが出来る作品だと思います。
ただ、この作品にて書かれているプロットの演出が実際にどのように行われているかは紹介されている作品を見るしかないため、星を一個減らしております。 楽しい読み物ではある
この本では題名どうり沖方丁さんのライトノベルの書き方を紹介されています。
ただこの人のスタイルであって万人向けというわけではありません。
主に業界の裏話みたいなことが書いてあるって感じです。
全体的な感想としては、この本だけでライトノベルが書けるとは到底思えません。
あくまで小説を書くのって面白そうだなぁ、という動機付けにしかならないと思います。
それにしたってここまで面白おかしくかけるんですから作者の力量に感服します。
本気で作家を目指そうという人にはあまりお勧めできませんが、普段からライトノベルを読む人や、ライトノベル読んでみようかなっていう人は読んでおいて損はないと思います。普通に読み物として面白いです。 小説入門としてはいいのかな
まさか、文庫化されるとは。
と言うのも、多くの方が言われれていますが、この本は情神論が多く、技術論としてはあまり使えるものではないからです。
技術論として考えなければ、さりげなく感銘を受けさせる言葉や、笑わせるネタがあって、読んでて単純に面白いんですが。
実際、こんな小説作法の本がボンと分りやすい場所に平積みされているのを見ると結構人気みたいですね。

はっきり言ってこの本で、絶対小説なんて書けるようには思えません。
しかし、この本が沢山の人の眼に映り、創作活動への興味を持たせたるきっかけになるのならば、それがこの本の意義なのではないでしょうか。
云わば広告塔。それがこの本の価値なのだとおもいます。
そして、そこまで含め冲方さんの意図のように思え、冲方さんには、もうすごいなぁと思うほかありません。

バイブルとしてではなく、広告塔として。

蒼穹のファフナー (電撃文庫)

[ 文庫 ]
蒼穹のファフナー (電撃文庫)

・冲方 丁
【メディアワークス】
発売日: 2005-01

参考価格: 578 円(税込)
販売価格: 在庫切れ
蒼穹のファフナー (電撃文庫)
冲方 丁
カスタマー平均評価:  4
2007年5月現在GYAO無料アニメでファフナーを見始めて、それでファンになりました。そこでこの本も購入させていただいたのでしたが・・・とても個人的意見になるかもしれないのですが、翔子ちゃんが沢山出てきて素直に嬉しかったです。アニメの方ではやっと活躍!の初陣で亡くなってしまったので・・・しかも亡くなった後にも悲しいことがあったりして・・・もんもんとしていたので「幸せいっぱい恥らう翔子ちゃん!」のシーンがあるだけでもう。星5です!{すみません私は女なのですが翔子ちゃんファンなんです2番目に好きなのも女の子で真矢!}でもですね、文章も読みやすくアニメとの矛盾もなく{私にはほとんど無いように思えました}感情移入しやすく楽しく、でもシリアスもあって。お徳!って感じでしたよ。同化現象の体感の表現は圧巻!です。うわーそんな感覚だったんだー・・・と、思わず腕とかなでてみちゃいました。どうです?怖い!けど読みたい!って気分になったかな?!お勧めですよ!{でもファフナー知らない人はこの本だけ買っても楽しめません。ご注意を!} 読みやすかったです
はじめに。
カナシイ、哀しすぎる・・・

アニメを観てこれを読みました。
アニメもそうですが、本当に哀し過ぎる物語です。
まず映像から入ったからわかりやすかったのかもしれないけど、この小説版の描写は素晴らしいと思う。
きっと、アニメを観ていない人にとっても読み物としていい作品だと思う。
小説版のラストはさらに救われないかんじですが。
でも、途中でつい”ぷっ”となってしまうところもあって、これを読んで翔子がかなり好きになってしまいました。
冲方さん、あんた・・・
というものの、私自身は小説→アニメの順であったが。
文章の表現は本当にゾクリとするほど鮮明で、残酷で、そして美しい。
アニメでは語られなかった序盤のキャラの心情をこまやかに描いており、
視聴者は設定を追うだけで精一杯だったのが「この子こんなこと考えていたのか」と分かるようになる。
時々くすっと笑ってしまうようなエピソードなども交えられて、文章を重く感じなかったのも高ポイント。
惜しい所はキャラが大きく削られていた所。
咲良や剣司などの「隅っこ」でありながらも魅力的であったキャラの出番が
なかったのが少し寂しい。
しかし、その代わりに第一話で死んだ蔵前について大きく触れられていたのは
良かった。

アニメを見ていない人には少々「訳わからん」的なところもないわけではないが、それでもかなりレベルの高いノベルであることは否定しない。 アニメを見た人にこそ、読んで欲しい。
どちらかといえばファフナーの企画段階であるアーカディアン戦記の流れを汲んでいるのだろうか<br>全体的にねっとりと暗い心理描写、壊れる日常、戸惑いながらも植えつけられた知識で無意識に順応していく子供達、その果てにある変貌<br>なによりもファフナーに乗ることによる「心の変化」が事細やかに描かれているのが嬉しかった<br>この描写は小説ならではだと思う<br>「闘争本能を晒す」という設定がアニメではあまり目立たなかったが、小説ではこれでもかと前面に出ている<br>フェストゥムとの戦闘はプロローグと初出撃のみだが、どちらも緊迫感があり、非常に楽しめた<br>アニメではあまり目立てず舞台から消えた蔵前と翔子がしっかりと描けているのも良い<br>特に翔子はもうありえないほど健気でかわいい<br>アニメと所々違っているため、別物なのかもしれないが1巻完結と見ると本編の補完のようにも思える<br>壊れてしまった楽園、変わってしまった彼・変わらない彼女・空に還った彼女・死んでしまった学友・共に歩む親友、いつ終わるとも知れない戦いはゆっくりと子供達を蝕んでいく<br>十分に続きが書ける内容なので続編を出して欲しい……かなり暗くなりそうですけどね 冲方流ファフナー
小説版はアニメと違う設定な部分があり最初戸惑いましたが、<br>総士や、何を考えてるのか判らなかった一騎の心情が書かれていて面白かったです。<br>少し壊れ気味の一騎も堪能できます(笑)<br>アニメ版第1話では総士と一騎はあまり会話をしませんが、小説版はアニメより少し総士が明るく、<br>最初から会話を持ちかけて来るのが印象的でした。<br>アニメを見ていない方には、この小説は完結していないのでおすすめ出来ないかもしれませんが、<br>アニメでは特に気にならなかった翔子と一騎、それに甲洋の関係が丁寧に書かれていて<br>ファンにとっては、納得して読む事が出来るのではと思います。<br>すべて読んで行く中、面白くないと思った場面はないので<br>ファンならば買って損は無いと思います。 アニメ6、7話位までは見てから読む方がいいと思います。

マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 (ハヤカワ文庫JA)

[ 文庫 ]
マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 (ハヤカワ文庫JA)

・冲方 丁
【早川書房】
発売日: 2003-06

参考価格: 714 円(税込)
販売価格: 714 円(税込)
マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 (ハヤカワ文庫JA)
冲方 丁
カスタマー平均評価:  4.5
3巻の表紙にトランプが散りばめられているように、
長い長いギャンブルシーンが読者によってネックですね。
2巻中盤から最終巻中盤までギャンブルの
戦術論が延々と続くのは流石に長すぎると感じました。
 物語上必要な「戦闘」ですし、ヒロインがカジノで
精神的に成長する過程も読み応えあるのですが。
(作者の作品は人物の内面描写がとても巧みです) ヒロインの成長物語として見れば納得
この作品は「人間の価値」をそれぞれの登場人物が追い求める作品だと言えます。

前半部の「楽園」でのボイルドとフェイスマンの会話。そこでこのメインテーマにずばり触れています。

後半部から次巻に跨って書かれているカジノシーンは誰もが言うように圧巻です。
実際はカジノに行ったことはありませんが、臨場感、緊張感、どれもが眼前に浮かびます。

銃での戦闘をカジノシーンに替えたことでハードボイルドな生命《命》のやり取りを望んでいた人は肩透かしを食わされたと思うかもしれませんが、

カジノシーンでも、いやカジノシーンでしか味わえないエキサイティングな生命《チップ》のやり取りを体感できると思います。 物語の核心を突く二巻
 文句なく面白かったです。( カジノが熱い
 ヒートアップは止まらないか、と思ったんだが簡単に止まってしまう。いい意味か悪い意味かは読者によって違うのだろうが一旦展開は変わる。元の展開であることには変わりないのだろうがそれを忘れてしまうので違うストーリーの中に入ったか?とも思うんだが。<p> ボイルドを振り払って我に返ったバロット。彼女自身が自分の能力に気付かないまま流されていたことに気付く。ウフコックが彼女から離れる。トゥイードルディという完全な個体に彼女は出会い、再び自分の意思を遂行するための戦いに。<p> なんだろうな、キャラクターは生きてこないとライトノベルじゃないんだろう。展開が変わらないから読みやすいと思ったしトゥイードルディはウフコックやドクターがいるから必要だろう。トゥイードルディと出会うことによりバロットはまた少しずつ変わる。元はと言えば、バロットの再生と復讐。ストーリーの一貫性というのは優れているんじゃないかな。<p> もう一つ言えば世界観が上手に絡んでくる。シェルやボイルドの存在も、汚く憎く醜く。だからこそバロットにも必要以上に感情移入が出来た。構造上、対立しているだけに。そして決して正義対悪というものではないだけに。多分それならば楽しめないだろうから。<p> Secondの後半はギャンブルシーン。ここはThirdまで続くことになり展開が楽しみだ。手に汗握る展開というよりもウフコックとのコンビネーションとバロットの性格が非常に楽しめた。ドクターがやや影の薄い存在になりそうなんだが、マルドゥック・スクランブル09を実行しただけでなくここでもやや響いてくるだけに。ドクターの性格上このようなキャラでいいのかな、とも思ったが。<p> もう一つはカジノにおいての人間関係か。藤原伊織の『ひまわりの祝祭』でもカジノシーンがあるが長さがこちらの方が圧倒的に多い。世界観と人間のマッチ、これも思ったんだが本当によく合ってる。全然違和感がない。15歳の少女が主人公だとしても変わらない。それも魅力。<p> 過大評価はしていないが楽しめたSecond。Firstで面白いと思ったら残りの2冊は買っておいた方がいい。ミステリーではなくあくまでもSFだが。2004年版このミス16位はダテじゃない。 息詰まるギャンブルシーン
3巻シリーズの2巻目。<p>2巻は、1巻とうってかわって、「静」になります。<br>ネズミ型ロボットと殺し屋の誕生の秘密、その因縁、などの謎が、徐々に明かされていきます。<br>少女とネズミ型ロボットの関係、少女の考え方の変化・・静の中でも、盛り上がって行きます。<p>そして、敵の本拠地の「カジノ」に乗り込み、いろいろなギャンブルで勝負。<p>少女とネズミ型ロボットの特殊能力の発揮、少女の新しい能力の覚醒か?次々現れる、凄腕ディーラー達との対決。<br>おー最後の決戦は、「ブラックジャックか!」という気になるシーンで終わります。<br>3巻も一緒に買っておいた方が、良いかと思います。 謎が徐々に明らかに!そして、最後の戦いに挑みます。


洋書ミュージックDVDソフトウェアゲームエレクトロニクスホーム&キッチンおもちゃ&ホビーヘルス&ビューティースポーツ時計


Copyright © 2009 無題@お買い物 .all rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール 4.1.2
 更新日 2009年4月9日(木)  ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク