無題@うっへりお買い物

無題@お買い物

1,500円以上で送料無料
※ 一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
洋書 ミュージック DVD ソフトウェア ゲーム
エレクトロニクス ホーム&キッチン おもちゃ&ホビー ヘルス&ビューティー スポーツ 時計

サブカテゴリ
ジャンル別
文学・評論
思想・社会・ノンフィクション
人文・思想
社会・政治
ノンフィクション
歴史・地理
ビジネス・経済・キャリア
投資・金融・会社経営
科学・テクノロジー
医学・薬学
コンピュータ・インターネット
アート・建築・デザイン
実用・スポーツ・ホビー
資格・検定
暮らし・健康・子育て
旅行ガイド
語学・辞事典・年鑑
教育・学参・受験
こども
コミック・アニメ・BL
タレント写真集
ゲーム攻略本
エンターテイメント
新書・文庫
雑誌
楽譜・スコア・音楽書
古書
カレンダー
ポスター
アダルト

特集
littlewitch
UMPC
アゾンインターナショナル
ダイエット
伊藤明弘
玄鉄絢
高橋慶太郎
相田裕
氷川へきる
冲方丁
PLAYSTATION3
Wii
Xbox360
ニンテンドーDS


 

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 
6 / 90

アマガミ オフィシャルコンプリートガイド

[ 単行本(ソフトカバー) ]
アマガミ オフィシャルコンプリートガイド

【エンターブレイン】
発売日: 2009-04-25

参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,995 円(税込)
アマガミ オフィシャルコンプリートガイド
 
カスタマー平均評価:   0

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

[ 単行本 ]
細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

・細野 真宏
【小学館】
発売日: 2008-09-01

参考価格: 1,260 円(税込)
販売価格: 1,260 円(税込)
細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!
細野 真宏
カスタマー平均評価:  4.5
本質という言葉を多用しているが、実際は筆者が重要と考えていることを本質と言っているに過ぎず深い議論もなく、ゆるキャラやノリでごまかしている印象を持ちました。筆者の言う「数学的思考力」という言葉も同様です。子供向けと書く人が多いですがその通りでよく読めばとんでもないことも結構書かれています。(例えば学力低下の問題も他の国の学力向上による相対的低下などの要因には触れず問題文の用語のせいにしている所など。又そのことによる対照実験データを示されてはいません。)

この筆者のいい所は、色々なその道の専門の人の知恵を拝借しそれをうまく伝えられることにあると思います。かつて売れた受験数学の本では山本矩一郎氏、東京出版「大学への数学」シリーズ物や一部の予備校物など、一般に閉鎖的な物や読みにくい物を考え方や計算過程など詳細に学生ノリで公にしてくれたので売れたのだと思います。この本は自分にとっては残念な本なのですが、ほかの本では気に入っている本もあり筆者にはまた他のお堅い分野を独特のノリで書いてくれないか期待はしています。

本質という言葉を多用しているが・・・

一見、わかりやすい内容の本ですが
読み終えて、理解したと思って
そこで油断してはいけないのだと思います。


この本の中にも触れられているように


勉強や自己啓発、コミュニケーションなど、
わかったつもりになって
実はわかっていない。

仮にわかっても
時間がたつうちにどんどん忘れていく。

だから、たくさん勉強しているつもりでも
応用がきかない。
実生活で実りが出ない。



この本の内容は結構多いと思います。

これを本当に「わかる」には

何度も読んで
本の内容を実践して

この本の本質を
体に「しみこませる」必要があると思われます。 自己啓発本を買いあさることから、卒業するために
細野さんの本を始めて読ませていただきました。本の題名から想像していた内容とは少し違い
ましたが、期待以上の内容でした。いわゆる思考の枠組みを教えてくれる本でしょうか?
若いのにたいしたものだと感心させられました。べストセラー作家だけの内容はあります。
人にわかりやすく伝える技術と物事の本質を見抜く才能は抜群に秀でていると思います。

内容は数学的思考に基ずく経済ニュースの捉え方、論理洞察力の鍛え方など、きわめて実践的
であり、いかにバイアス(偏見)を除いて物事を見ることができるかなど行動経済学や統計学
にも通じていく内容です。繰り返し読んで勉強したい本です。 驚くべき才能。
 タイトルは数学だが、物事の本質をつかみ全体像を把握する為の方法論を自分のものにするノウハウ集と言うべき一冊です。
 予備校業界で立場を確立した著者らしく、難解な表現も無く、伝えたい全体像とそのために理解させたい部分を、どの様につなげるか?本当の理解を得るにはどの様にすべきか?なんの飛躍も無理も無く、考える技術と伝える技術のの結びつきを丁寧に、トコトン丁寧に、一つ一つのページの文字の配置、イラスト、フローチャートに至るまで神経を配った、「流石に予備校、客に親切」と思わせる本作りに徹している。
 著者は現在、数学と経済の解説者として名を成しているが、他の分野への進出も期待したい。
本質をつかみ全体像を把握する為の方法論教えます
 細野さんが例題としているのは、日常見聞きする社会問題です。
 (最初はことわざ等も出てきますが)
 社会問題を「数学的」に考えるということはどういうことでしょうか。

 私たちは学校教育等で主要教科の一つとして数学を長年学んできました。
 しかし、社会に出るから見聞きする政治・経済等の問題は答えはありません。
 だから、私たちは直観または今までの経験をもとに何となくこうではないか、
 いや、こうに違いないと思いこんでしまい、そこで思考がストップしてしまうのです。

「数学的」に考えるというのは何も代数や幾何学を使うという意味ではありません。
 数学のように論理的に=(手順を踏んで)考えていくということなのです。
 これこそが、学校教育で学んだ数学の本当の使い方だと私は思います。
(勿論、専門分野で活躍されている方は別ですが)

 細野さんは実はホンの少し私たちの背中を押して、学校教育で学んだことを
 思い出させてくれるだけなのです。
 それだからこそ、素直に読んだ人は本当に思考力が高まるのです。

 細野さんは、この本の応用編というべき「未納が増えると年金は破綻すると誰が言った」
 という新著を最近出されましたが、こちらでは、現代の世界経済と日本経済で最も大事な
 サブプライムローン問題と年金問題を取り上げています。
 本書を読まれた後、「未納が増えると年金は破綻すると誰が言った」も読まれることを
 強くお薦めします。 社会問題を「数学的」に考える意義

とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)

[ コミック ]
とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)

・鎌池 和馬
【アスキー・メディアワークス】
発売日: 2009-02

参考価格: 578 円(税込)
販売価格: 578 円(税込)
とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)
鎌池 和馬
冬川 基
カスタマー平均評価:  5
本編にくわえ、こちらもアニメ化が決まりましたね。おめでとうございます。
今回の巻で、一応今までの話が一くくりされました。
美琴は恰好良く、他のキャラも深い過去があり、すべてを通してとてもよく出来た話でした。ストーリー自体は少し浅はかなものではあったものの、設定や展開は緻密に考えられたものであり、矛盾点もなく、原作より読み進めやすい話であったと思います。
「番外編」ということなので、話はいくらでも作れるでしょうが、これからはどういった展開を見せてくれるのでしょうか。
アニメも楽しみです。この作品にはその実力が十分に備わっています。
アニメ化の実力。
ついに完結するレベルアッパー事件。木山先生の動機や過去を上手く描写しています。上条さんにいつも振り回されている美琴も今回は決まったます。また、白井の小学生時代の話しも番外編も収録。是非オススメします。 レベルアッパー事件完結
一巻のレビューにも書いたけど、画力、特に動きの表現って点に長けた方だとは思ってた。でも、コレほどとは…冬川選手恐るべし。
動きを感じさせる一枚絵を上手に描ける人はけっこういる。でもコマの集合として動きを感じさせてくれる人は意外と少ない。さらに、感じた動きがカッコいい、つまり、動きそのものをデザインしてくれる人はさらに稀有だ。
冬川選手は間違いなくその稀有な能力の持ち主。
本巻は「幻想御手」編の完結巻であり、そのクライマックスとして「幻想御手」の最悪の副産物「幻想猛獣」と美琴との凄絶な闘いが描かれるんだが、コレが掛け値なしにスゴい。
「幻想猛獣」はキホンは胎児のようなカタチだが、その形状は不定でさまざまに変化する。不定形の人外の存在の動きなんてェ無茶ぶりをキッチリとデザインしてシッカリと伝えてくれている。コマとコマの間の動きがキチンと伝わってくるのだ。
大事なことなので二度言おう。
コレはスゴい。
ストーリーもクライマックスらしく、ヒロイン美琴はもちろん敵役の木山センセーや脇の初春、さらには警備員はじめ名も無きキャラたちまでちゃんと動いて役目を果たしてる。
文句ナシ。五つ★。

黒子スキーへの追記:
前巻の終わり方からして想像つく通り、上記のクライマックスでは黒子の出番は少ない。が、最後の後日談と二編の番外編では大活躍。黒子ファンも安心めされよ。
マジ、ぱねェっス。
レベルアッパー編、ついに決着!
ミコトと黒子の間接的ではあるがファーストコンタクトについても描かれており
黒子がミコトに対して好意(?)を抱く経緯までも収録!

学園都市第3位に君臨するレベル5の実力、
そしてその裏にある学園都市の暗い影・・

物語は加速する。 メインストーリーの裏で加速するサブストーリー
ね。

この巻読んだ後に自問自答ですよ・・・。

「なんで俺は大王棄てちゃったの?」って。

それくらいこの巻(まあ、一巻も二巻も凄かったけど)は大王掲載時のモノを大幅に修正、

加筆してあります。

大王掲載時と是非見比べたかった・・・・。

取り立てて挙げるなら「AIMバースト」との最終対決(美琴が一方的に強さ爆発な場面です)がかなりド派手に修正+加筆されてまして、

特に全面修正された「こんなとこで苦しんでないでとっとと帰んなさい」の表情が!!

もう、「マリア様もビックリ!!」の超慈悲に満ち溢れて零れちゃったくらいの美琴の「AIMバースト」を「あの世へ見送る(ある意味”おくりびと”)」表情が素晴らしい出来です!!

冬川さん最高!!

さらにこの巻には事件の具体的な裏側を示す登場人物達が加筆で描かれ、さらに後日談として見事に着地!完結しています。

そして原作ファンもビックリ!!

灰村さんがスペシャルイラストを×枚も起稿されています!!

「レベルアッパー事件・完結編」!!

是非!是非楽しんで(ある意味悲しんで)見て下さい!! 大王掲載時のモノを大幅修正+加筆、さらにあの人が!!

涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ

[ 単行本 ]
涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ

・作:谷川 流作:いとう のいぢ監:SOS団編:ニュータイプ
【角川グループパブリッシング】
発売日: 2009-04-10

参考価格: 798 円(税込)
販売価格: 798 円(税込)
涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ
作:谷川 流作:いとう のいぢ監:SOS団編:ニュータイプ
カスタマー平均評価:   0

聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)

[ コミック ]
聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)

・中村 光
【講談社】
発売日: 2008-07-23

参考価格: 580 円(税込)
販売価格: 580 円(税込)
聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)
中村 光
カスタマー平均評価:  4.5
キリスト教信者です。不快になるようなネタがあったらやだなーと思いつつ、手にとりましたが、想像以上の面白さ!!誰にでも分かるものから、信者級のものまで、宗教ネタが盛りだくさん。手塚治のブッダも買っちゃいました(°д°;;)親しみやすいキャラで、下ネタもなし。普段はギャグ漫画日和・ジャガーさんを愛読してますが、やっぱり下ネタやシュールすぎる箇所も多いので。。。キリスト教の方や、仏教の方にも超オススメです。私はこれを読んで聖書を読み返し、信仰を新たにしました 笑 いい漫画
スマステで紹介していたので1、2巻買って読みました。噂通りの楽しい内容でした。数年ぶりに漫画にハマりました。 救ってくれるよ。
すっっっっっごく面白いです!!
最近マンガで笑えてないという方!!必見です!!
内容がものすごくシュールなので、合う人と合わない人が出てくると思います。
それでも一度読む価値は絶対にあります。
私はページをめくる毎に爆笑し、ページをめくるのが怖くなるほどでした。
1・2巻連続で読むと危険です。
酸欠になります。
あたしはなりました(笑)
ぜひ一度は読んでみて下さい。
あ、立ち読みは禁止です(笑) これを読まずして何を読む!?
前作より笑いの密度が濃くなっていて、アニメ化なり実写化されると面白くなるのではないかと期待させられる作品。 ブッダとイエスの下界ゆるゆるライフ
冒頭からイエスの誕生日を祝おうとするブッダ、という設定に笑わされます。
そして初詣まで。

一巻もそうでしたが、聖なる二人の為に
喜んで身を投げ出そうとする生き物に大爆笑させられます。
(特にクリスマスにマッチをくわえて震えながら二人のアパートのドアをノックする七面鳥(^◇^)!!

これ、翻訳して海外に出したらどうなるのでしょう(笑)。。
国ごとの反響の違いで文化の違いが身近に感じられるかもしれません。

是非とも世界に出してみたい漫画です。 海外での反響を見てみたい!!

PLUTO 7 (ビッグコミックス)

[ コミック ]
PLUTO 7 (ビッグコミックス)

・浦沢 直樹
【小学館】
発売日: 2009-02-27

参考価格: 550 円(税込)
販売価格: 550 円(税込)
PLUTO 7 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
カスタマー平均評価:  4.5
原作は未読で、前巻まで謎ばかり増えて、また20世紀少年のようにダラダラ長くなるのかなぁと思ってましたが、あと二巻らしいので遅れて買いました。話はテンポよく進み、今まで影だけだったプルートゥの姿もわかったり、意外とドキドキする内容でした。戦いがあっさりとしてアクションは楽しめませんが、心情に重点がおかれてる漫画ですのでいいんですが、あと一巻で全て収拾できるのか不安です。展開が駆け足にならないでほしいですね。 面白いね
沢山の人々とロボットの意志と哀しみが集約されていく展開。
そしてプルートゥと心に傷を負った少年の魂は等価値。

地球を救ってとのエプシロンの遺言・・・そしてアトム。


人々の哀しみが世界を破滅させるのかの暗示がこの巻でなされています。

思い出したのは機動戦士ガンダム「逆襲のシャア」の

・この暖かい人の心を持った人間が地球を滅ぼしていく
・こんな(人々の)哀しみが地球を押しつぶしていく

この二つの台詞でした。

ガンダムの富野さんはその昔アニメのアトムにも関わっていた人で
手塚さんとも深いつながりがありました。
もしかして手塚さんの作品に触れている、あるいは深く関わるうちに
富野さんも浦沢さんも手塚先生の心の奥に流れていた
「何か」に到達したのではないのでしょうか・・・。

最後あと一巻、
プルートゥと同じ哀しみを知ってしまったアトムとの対面を
怖いと思いながらも読んでみたいと思います。 地球が壊れる・・・手塚先生の心の奥底
最強ロボット7体の中の1体だったエプシロンがプルートによって砕け散るコマがある。何十本という斜線の下に部品らしきものが散らばり「カリン」という小さな手書き文字の吹き出しでそのときの音を示している。そこに何ともいえない悲哀が感じられてならない。
このコマを見るだけで、いかに浦沢直樹氏が手塚治虫氏を含め多くの偉大な漫画作家の後継者に足りる存在かがわかる。漫画の持つ表現力をギリギリまで突きつめている人にしかできない技だと思う。 浦沢直樹の漫画ならではの表現力
アクターシステムだかキャラクターシステムかぁ、そういえば手塚マンガには在りましたね。言われてみれば、本作浦沢版にも当てはまりますね(笑)。
それはともかく、手塚版の”最強のロボット編”のウリは、スーパーロボット大戦みたいな派手でオリンピックの様な戦いの裏側で描かれる、最下層の民(ロボット)の悲劇を表現していた気がしたのですが、浦沢版は物語が進むにつれてテーマが薄れていくような気がする。ナンか手塚版と比べると悲劇ばかりが強調され、読んでいて面白くないです。やはり未来世界のマンガは、明るい未来とそれに伴う危険性とか犠牲を描いてくれないと大人になった自分には面白く感じない。近年リメイクで制作されたアトムのアニメ版の方が手塚魂を巧く引き継いでいたかもしれません。もうすぐ完結しそうですが、このまま行くと駄作になるかも。それでも次巻も気になるので、一応購入します。 アトム世界の未来には、希望に伴う危険性とか犠牲が無いと…
7巻はエプシロンの戦いを通して話が進んでいきます。
それと同時に、エプシロンが感じたプルートウの悲しみ
そして天馬博士の悲しみがストーリーに織り込まれるのですが、
大袈裟過ぎない表現が逆に深い印象を与えます。

私は電車の中で読んでいたのですが、エプシロンの手だけが残って
地球を託すシーンにさしかかった時、落涙を耐えるのに必死でした。
アトムが覚醒したところで、最終巻へ続くのですが
ここまでの展開は本当に完璧だと思います。
浦沢直樹はどうしてこんな漫画が書けるのでしょうか。

ウランがピノキオの寓話を通じてプルートウの悲しみを表現するくだり
(ピノキオ=プルートウ、ゼペットじいさん=アブラー博士)
は「モンスター」にも通ずる浦沢直樹流メタファーの真骨頂ですね。 プルートウの悲しみ、天馬博士の悲しみ

小説 On the Way to a Smile ファイナルファンタジーVII

[ ハードカバー ]
小説 On the Way to a Smile ファイナルファンタジーVII

・野島 一成
【スクウェア・エニックス】
発売日: 2009-04-16

参考価格: 1,470 円(税込)
販売価格: 1,470 円(税込)
小説 On the Way to a Smile ファイナルファンタジーVII
野島 一成
カスタマー平均評価:   0

精一杯の恋 (芳文社コミックス)

[ コミック ]
精一杯の恋 (芳文社コミックス)

・春輝
【芳文社】
発売日: 2009-03-16

参考価格: 620 円(税込)
販売価格: 620 円(税込)
精一杯の恋 (芳文社コミックス)
春輝
カスタマー平均評価:  4.5
年の差恋愛や十代との付き合いはいままで散々やったからもういいや。 もやや
春輝さんの描く女の子の絵は今がピークなんではないでしょうか!?作品のストーリーはさておき、絵的にはかなり成熟してきてると思います!ただ、完結していない作品がいくつかあるので、こういうモノを描くのもいいですが、まずは連載してる作品に力を入れて欲しいです内容は個人の嗜好によって評価は別れると思いますので一概には言えませんが、春輝作品のキャラクターの絵が好みなら買ってみてもOKだと思います(^-^) これは…
男が年上、彼女はかなり若いという、羨ましいような年の差カップルのエロティック物語。

1 春風のイタズラ(前編・後編)
 駅員たちの憧れの少女は女子大生になったばかり。一回り・12歳年上の駅員が彼氏。彼女が高校生からの付き合い。彼女からの告白。家族がロリコン犯罪のニュースをみて注意をするのと、彼女に対して自分でいいのか?の思いが辛くも関係を続けるが・・・。
2 精一杯の恋・1?4話
 引越し先の隣は美少女。彼女のSEXの声が通風孔から聞こえてくる。しかし彼氏は悪い男でパソコンのカメラで監視している。彼女に部屋に誘われカメラの前で関係を持ち、二人で引っ越した。幸せな関係を続けるが、あの元彼が現れる・・・が撃退。結婚を申し込みハッピーエンド。
3 40歳の恋
 40歳で交際歴なく童貞の冴えない男に、24歳の美女社員が告白。関係を持つ間になるが、大丈夫なのかが不安。色々なデートを考えるが、彼女の望みは彼の部屋での2人きりになること。
4 誘惑ポスト(前編・後編)
 デリヘルを呼んだら美少女がやってきた。迫りいざ本番になったらデリヘル嬢がきた、勘違いで彼女の姿は消えていた。気に入られた上司宅に行くと、そこにはあの少女。一人暮らしの彼女の部屋は同じマンションの真下。彼女は彼が好きで東京の大学に進学。彼女の処女を大事に思うあまり最後までは至らず。

恋愛ストーリーの流れに絵が多く使われ、少し“春輝”らしくなさを感じるかもしれません。
☆年の差カップル物語☆
絵の雰囲気が好きな作家さんです。
主に一回り以上は年が離れている若い娘との恋物語が綴ってあります。
みんな都合の良い?ハッピーエンドで本当に心が救われます。

最後の話の結末はちょっと物足りませんが、十分及第点でした。

私の嗜好にピッタリでした

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)

[ 単行本 ]
WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)

・アラン・ムーア(作)/デイブ・ギボンズ(画)
【小学館集英社プロダクション】
発売日: 2009-02-28

参考価格: 3,620 円(税込)
販売価格: 在庫切れ
WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)
アラン・ムーア(作)/デイブ・ギボンズ(画)
カスタマー平均評価:  4.5
映画を見て好きになり映画館で売ってたのを買ったにわかファンです。深く、緻密に作られた濃い世界観に病み付きです!その圧倒的情報量の渦!漫画を読むというよりは、小説を読むという作業に近いですね。人間とは何か、平和とは何か、正義とは何かを大胆な目線で書き切った作品!映画を観た方は是非触れてほしいです! 定価3620円
体裁こそマンガでヒーローを主人公にしたストーリーですが、内容的には立派なサスペンス。

以前「ウォッチメン」として組んで活動していたヒーロー達が、政府のキーン条例「覆面を被っての自衛行為の禁止」の発令後解散。影で活動を継続するものや、さっぱりと足を洗うものも。

そんな中、かつて一部からは暴力派として批判されたヒーロー”コメディアン”が、何者かに殺害されます。
不審を抱いた仲間”ロールシャッハ”が調査を開始。仲間たちに身の危険が迫ると警告します・・・。

なぜ彼らはマスクを被って街を徘徊し始めたのか、前身であるミニッツメンを発端とするメンバー間の確執などがマンガ、時に手記として活字で語られます。

誤解してはいけないのが、彼らウォッチメンのメンバーで超人なのはDr.マンハッタンだけで、他のメンバーは生身の人間。
時に傷つき、時に異常者扱いをされながら生き、年老いていく姿は、スーパーマンやバットマンで描かれるヒーロー像とかけ離れています。

絵柄や台詞回しがどうしてもアメリカのコミックになってしまうため、日本のマンガより感情移入しづらいのも事実。
しかしひとつの小説として読み進めると、非常に奥深く、繊細なストーリーだと思わざるをえない。 これは小説
出会った。 えらいもんに出会った。 これを読んでいると 小学校の時図書室で読み耽った、「はだしのゲン」と「ブラックジャック」を思い出す。笑 時代を反映したリアルな絶望と儚さ、そして男。 僕の中で、この3つを繋いだ共通点はこれだと思う。 説明下手が内容に触れると至らん事を書きかね無いんで、これくらいにしときます。 最後に、ロールシャッハの表情の変化も見所の一つです。 なんてこった
新装版となったにも関わらずウォッチメンたちは次々と殺され(転売)されていき、欲しい人の手に届かない状態。“誰がウォッチメンを買い占めたのか?”増刷されるので皆さん安心してくださいね。 次々と転売されていくウォッチメンたち……
4月上旬に重版決定です!

変にプレミアついたものをかわなくてもいいと思います。

以下、メールでの問い合わせの返事

>小学館集英社プロダクションでございます。
このたびは弊社HPをご訪問くださり、
誠にありがとうございます。

お問合せの「ウォッチメン」日本語版コミックの件ですが、
このたび重版が決定いたしました。
4月上旬までには書店様へ搬入される予定でございますので、
もう少々お待ちいただければ幸いです。

今後とも弊社発行書籍をご愛顧いただけますよう、
何卒よろしくお願い申し上げます。

小学館集英社プロダクション (ShoPro)
販売制作事業部



4月上旬に重版決定です!

無趣味のすすめ

[ 単行本 ]
無趣味のすすめ

・村上龍
【幻冬舎】
発売日: 2009-03-26

参考価格: 1,260 円(税込)
販売価格: 1,260 円(税込)
無趣味のすすめ
村上龍
カスタマー平均評価:  3.5
いつか新聞広告に本書の各項目の要約が出ていましたが、あれは良く出来ていると思います。本自体よりも優れていると言ったら言い過ぎでしょうか。

「なるほど、さすが村上龍」と思えた項は「無趣味のすすめ」「少数派という原則」「夢と目標」「集中と緊張とリラックス」「情熱という罠」「リーダーの役割」の6つ。何故か前半に集中していて、後半の大部分は面白くもおかしくもない話が続きます。「部下は「掌握」すべきなのか」の項はあまりにも一方的な視野の狭い議論で批判する価値もない。

雑誌の連載がベースだそうなので多くを期待するのもどうかと思いますが、箴言集と言うからには、もっと言葉を選んで、アイディアを考え抜いた上で書かれているべきです。

箴言集と言うからには
どういう意識で物事に取り組むかで、得られることが変わるということを伝えるエッセイ集。
小説のような緻密さも、ビジネス書のような実用性も無い。
ただあるのは、近年村上龍が持っていた意識の断片である。
「どんな情報がその人に「解決策」を与えてくれるのか、実際にはわからないことが多い」(p93, 94)
と著者自身が記すように、本もどんな意識で読んだかによって評価が変わるものである。

「趣味」という自分の内側に広がる世界に閉じこもることへの疑問が「無趣味のすすめ」に結びついている。
自分の心を震わせ、失望や歓喜や興奮を呼び起こすことを趣味と称すのも悪くないのではなかろうか。
人に出会うと「趣味」を尋ねられるこの社会で、答えに窮するのも息苦しいであろうし、
暇つぶしをする暇が無いと言ったところで、相手の気分を害するか底が浅いと思われるのがおちである。 ビジネスと読書、それと映画も
まさか高齢者向けのつもりでもないのだろうが、明らかに大き目(24×10字詰)のレイアウトで著された村上龍の社会エッセイは、全体的に内容の薄さや認識不足の感が否めない。本のタイトルは『無趣味のすすめ』であるのに、趣味を持たないことの有用性について語られているのはたったの4頁だけ。しかも最後の章では、やっぱり盆栽(趣味)を始めてみようかな?とオチまで付いている。。。

内容的に看過しづらいものとしては、「部下は『掌握』すべきなのか」の項目で、「部下がどうすれば一人前になるかということを真剣に悩んでいる上司がいることが信じられない」と書かれてあるが、日本型企業に対する無理解も甚だしい。
日本の企業では、製造業から流通、IT産業に至るまで、末端の教育制度(精度)が極めて高く、そのことは村上龍が大好きなカルロス・ゴーンも認めている。企業の社内教育というものは、ただ単に技術を教えるだけに留まらず、何の変哲もない一人の若者が、一たび組織の中に放り込まれると数年後にはそれ相応の社員に成長しているように、企業の環境や風土と不可分の関係にある。右も左も判らなかった者が日々の業務の中から自らのモチベーションを発見し、上司は部下の行末を考慮に入れながら企業利益に結び付けていくというのがフツーの企業のフツーの姿であって、最初から高い志を抱いた者だけが集まることなど稀であろう。
そのような日本に特有の教育効果を軽視出来るのも、村上龍が著名な作家という特権階級に属しているからだろう。音楽イベントや映画製作の現場で、やる気の見られない人に即刻辞めてもらうことが可能なのも、彼が名の通った作家だからであって、解雇規制がある現状で一度雇った人間を辞めさせることなどそう簡単に出来るものではない。JMMという組織を作れば経済の専門家の意見を自分の意見のことのように吸い上げることも可能だろうが、最初からそのような優秀なスタッフに恵まれるとも限らぬ大方の会社組織の場合、一から人を育てていく以外にどのような方法があるというのか?

元々、根本的にどーでも良いことを、作家のレトリックを駆使してちょっと気取って言ってみました(そんなボクってカッコイイ)で商売しているだけの人なので情報量の乏しさ自体は織り込み済みだが、「やるべき価値のある仕事を共にやっていれば、ことさら何かを教えなくても部下は勝手に成長する」という見解も同意しかねる。そもそも「やるべき価値のある仕事」にたどり付くためには潤沢な自己投資を可能にする経済的な条件が前提になるのだし、更にその中でも、百人中十人にも満たない優秀な人材だけを視界に入れた考え方に過ぎないではないか?私はそこに、筆者の致命的な偏りを感じる。
功なり名遂げた特権階級の作家センセイと市井の貧乏人とでは自ずと見ている領域が異なるのは止むを得ないことだとしても、自分がよく分かっていないことに対しては謙虚に学ぶ姿勢が必要だし、それをする気が無いのなら分からないことに対しては一切口出しすべきではないと思う。 致命的な偏り
こんな暇つぶしの本を出してないで、小説を書いてくれよ、龍さん。
「僕は会社勤めはできない、だって、朝寝坊したいんだもん」と言っている作家の言葉は、どんなに正しそうに見えても、信用できないよ。 龍ちゃん
村上龍が最高にかっこよかった時代があった。
90年代?2000年代初頭が最盛期ではなかったかと思う。その頃、私は彼に陶酔していた。その時代にもてはやされていた芸能人などでも、彼を好きな作家に挙げる人が多かった。マスメディアなどは、『愛と幻想のファシズム』でオウム事件を予測したなどと時代の寵児のように持ち上げる雰囲気もあった。
しかし、そのパワーに少し陰りが見えてきた。悲しいが、『半島を出よ』執筆による燃え尽き感から脱却できていないように思う。それ以上の説明はうまくできないのだが。
本作品で彼の良さが失われているかというとそんなことはない。私が昔から彼の表現の中で一番好きなところは、当たり前のように世間に流布している考えや言葉に疑問を呈し、厳密な定義を求める点だ。本作品の中でも改めて考えさせられるところは何ヶ所かあった。ただ、それだけであった。往年の名打者が、本来のスイングは影をひそめたが長年培ったテクニックでなんとかスタンドに打球を運んだ。そんな感じが否めない。 (悲しいが)長年のファンには力の衰えを感じさせる作品。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 
6 / 90


洋書ミュージックDVDソフトウェアゲームエレクトロニクスホーム&キッチンおもちゃ&ホビーヘルス&ビューティースポーツ時計


Copyright © 2009 無題@お買い物 .all rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール 4.1.2
 更新日 2009年4月9日(木)  ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク